中年男性の白髪やファッションの移り変わりについて

男性であっても、ヘアスタイルで印象は随分変わることを感じます。

一昔前なら、男性で必要以上に身なりに気を使っているとナルシストのように思えて嫌な気持ちになりましたが、近年ではオシャレな50代がどんどん増えていると思ってみています。

それは、ちょいワルおやじという言葉が出てきた頃からで、ヘアスタイルや洋服選びなど男性もオシャレをするということを楽しんでいるようです。

中年男性であれば、髪が薄くなったり白髪だらけになることもあります。

少し前までは、白髪を隠すために黒くなるよう毛染をする人がいました。

しかし近年では、ただ黒くするだけではなく、あえて白髪を残してオシャレに白髪と黒髪のバランスを見せる毛染が目立っています。

たしかに、顔は老けているのに髪が真っ黒だと不自然で、いかにも染めたということがわかってしまいチクハグな印象を持たせることがあります。

もう中年だからと身なりについて無頓着になったり、諦めることはないと思っています。

白髪だらけでもカットで形と整えるだけでも、オシャレ感や清潔感がアップします。

外見がシャキッとすると、行動も変わると思うので、ますますオシャレな中年白髪男性が増えることを期待しています。